ピースボート 世界一周107回クルーズ中止が決定 ジャパングレイスが苦しそう

(2021年1月28日更新)
私は2020年4月出発のピースボート104回世界一周クルーズを予約していましたが
コロナウィルスで中止になりました

続けて
2020年
8月の105回クルーズ
12月の106回クルーズ
が中止になりました

そして
先週旅行会社であるジャパングレイスから連絡があり
2021年 4月 の107回クルーズも中止が決定しました



これで1年以上世界一周クルーズが中止になることが決定しました

私はどうしても世界一周クルーズに行きたいので
108回クルーズへ改めて予約をしましたが
今回の107回が中止になった事で
前回までの中止とは明らかに違う点が1つありました

それは
先のクルーズの予約を次回以降に変更する場合に
何らかの割引きや特典が全くないという事です

前回までのクルーズが中止になった際は
予約をキャンセル返金をせず
次回以降のクルーズに予約を変更する場合は
部屋代そのままで部屋のグレードが上がったり
旅行代金が安くなったり
何らかのお得と思えるサービスがあったのですが
今回は全くなく
部屋ランク、値段、そのままでの次回以降のクルーズに変更というだけでした

コロナの影響をうけている世界情勢の中
世界一周クルーズを行いたいけど行えない
旅行会社ジャパングレイスは何も悪くないと思いますし
金銭面は相当苦しいとは思いますが
前回まで何らかの割引きがあっただけに
かなり残念な気持ちです

前回までの割引は
キャンセルを何としても引き止めるための作戦だったと思うのですが
それも苦しくなってきたのでしょうか?

実際ジャパングレイスのスタッフと電話連絡した時に
今回は何か割引は無いのか?
と質問したところ
「現状でも通常価格より大幅に値下げしていて、これ以上は出来ません、こちらの都合ではありますが申し訳ございません」
というような返答でした



それと
私が104回、105回クルーズの予約の際に予約したプランの旅行代金と
今回予約し直した108回クルーズの旅行代金の差額が
約60万円あったのですが(2人分の合計)
その差額はずっとジャパングレイスに預けたままでした

60万円はかなりの大金ですし
私自身もコロナの影響で金銭的に全く余裕はないですし
銀行に預けてるだけでもほんの少しだけど利子が付く
というようなケチ根性もあり
差額の返金をジャパングレイスに頼みました

すると
「4月からの返金で5回の分割での返金になる」
と言われました
差額なんて言えばすぐ返金してくれると思っていましたので
これには納得できず
「4月までに差額の全額が必要」
ということを伝えると
「上司に確認する」
と言われ、同様のやりとりを3回ほど繰り返し
「2月10日と3月10日の2回に分割で返金する」
という結果になりました

ジャパングレイス側の
私への説明では
「全てのお客に対して返金は分割で対応しているので私だけに一括で返金するという特別扱いはできない」
というもので
なんとしても一括の返金はしないというようなスタンスでした

私の場合は60万円でしたが
予約キャンセルの人は何百万の旅行代全額ですから
みんなに一括で返金していると
ジャパングレイスが潰れてしまうのでしょう

2020年4月の最初のクルーズ中止の時でも
ジャパングレイスの経営が超危ない
というニュースが凄かったですが
そんな中止が
4回も続いている
ということを考えると
潰れていない方が奇跡なのかもしれないですね




キャスターオイル ヒマシ油 をスキンケアに使ってみての効果 レビュー 感想





メンタリストのダイゴさんのyoutubeで紹介もされたスキンケアとして使えるキャスターオイルですが
私も気になって使用してみましたのでその感想を書いていこうと思います

ちなみにこの記事を書いている時点で
使用期間は2週間です

現時点での率直な感想としては
「まぁまぁ良い」
といった感じです

私は日頃のスキンケアにはワセリンを愛用しています

ワセリンと比較すると

ほぼ固形のネチャッとしたワセリンと比べ
キャスターオイルはドロっとした液状のため
ノビが良くて使いやすい
と言えると思います

ワセリンは多めに塗ってしまうとベタつきが気になりますが
キャスターオイルはそこまで気になりません

ですがワセリンと比べると気にならない
という程度で
ベタつく系のオイルではあると感じています

オイルを肌に塗るのは多くの人が保湿のためだと思います
そんな肝心の保湿力に関しては
ワセリンの方が少量でしっかり保湿してくれるように私は感じています




ダイゴさんが今まで保湿、スキンケアのために紹介したオイルは
・キャスターオイル
・ワセリン
・ココナッツオイル
・ティーツリーオイル

があると思いますが
これら全て使用した私の感想としては
今のところワセリンが1番と感じています

理由は1番クセがないからです

どれも使っていて大きなトラブルは無いのですが
私の場合ワセリン以外を使用していた時期に
小さな白ニキビが出る事がしばしありました
もちろんキャスターオイルもその一つです
すぐに治って大して気にならない程度のものばかりでしたが
ワセリン使用の時期が一番肌も安定しているように感じています

ですが
ワセリンの次に良いと感じているのが
キャスターオイルです
クセが無く良いと思います

ココナッツオイル やティーツリーオイルは
匂いが強く、気分が悪くなることもありましたが
キャスターオイルは無臭です

ティーツリーオイルは塗った時にヒリヒリする感覚があって
使用感が刺激的で、不安感がありました

ココナッツオイル は肌に塗るとサラサラの液状になって
ちょっと汗っぽくなるだけで、すぐに落ちきってしまうような頼りなさがありました

キャスターオイルにはそんな不安要素を今のところ感じていません

またキャスターオイルのネット通販の販売ページの宣伝文句によく使われている
血行促進や
傷の治癒を補助する
という効果については現時点ではわかりません

私はダーマペンでのセルフ治療をしていて
ダーマ施術後にもキャスターオイルを使ってみましたが
赤みの残るダウンタイムが短くなったり、傷が早く治るような実感できるほどの効果は感じていません

これは私の偏見ですが
傷を早く治すと謳っている商品はたくさんありますが
大した効果はないと思っています
傷を治すのは自己治癒力です
ニキビや肌荒れも同じです
ニキビを治すのは薬ではなく自己治癒力

その自己治癒力が発揮されるためには
肌が乾燥しすぎていてはダメで
肌の力が十分に発揮されないので
乾燥しているならば保湿が必要
というシンプルな構造だと
私は考えています

つまり
肌の水分が十分だと傷の治りも早く感じる
傷の治りを早くするには保湿をする
保湿ができていれば肌を健康に保てる
という意味なので
キャスターオイルが保湿効果以外の特別な能力を持っているとは思いませんし

あまり保湿以外の効果効能に期待すると期待外れに感じるので良くないと思います

ですが
保湿剤としては優秀で
ワセリンの次くらいにクセもなく
多くの人が安心して使えるスキンケア用品だと思います



Dr.penドクターペン3mmの効果や感想





私自身セルフダーマペンの使用をしていて
ニキビ跡クレーター 毛穴 の改善治療を目的に頑張っています

一般的に言われることとして
針が長いほど効果が高いと言われています

ネット通販で購入できるダーマペンの種類は
主に3つあると思います

MyM(MAX2mm)
MyM(MAX2.5mm)
Dr.pen(MAX3mm)

以上の3種類ではないでしょうか?

私は3つ全て購入して
実際に使用して試しています

多くの方が気になるのが3mmの効果がどんなものなのか
ということだと思います

その問いへの
私の回答は

「2mmも3mmも違いは分からない」

です




ダーマ治療は針を刺す治療ですので痛いです
当たり前に針が長くなるほど痛いのですが
私の場合
2mmも3mmも感じた痛みは同じでした

ダウンタイムも同じ程度でした

施術中の出血は
たしかに3mmの方が多かったような気もする
という程度なのですが

正直効果の違いはわかりません

私はダーマペンを顔に使っています
おでこや鼻は長くて1mm、それ以下しか使用しません

3mmを使ったのは頬のみですが
特別な違いは今のところ感じていません

ですがドクターペンの3mmを使っている期間は
MyMよりも短く単純に数回だけの使用で比較するのはまだ早いかなとも思っています

しばらく3mmでの施術をやっていくつもりなので
また新しく感じた効果や感想を後々書こうと思います

過去にもセルフダーマ治療の記事を書いていますので
気になる方は是非参考にしてください
セルフダーマを1年続けた感想
毛穴を小さくする化粧品は意味がない
ダーマローラーおすすめの針の長さ
ニキビ肌荒れを治すのは薬ではなく自己治癒力
ニキビが治るまでの本当の期間



バジャーの日焼け止め白くならないタイプは保湿剤として使える

以前バジャーの日焼け止めの感想などは
何度も書いているのですが
バジャーの日焼け止めを使った感想レビュー
バジャーの日焼け止めはめっちゃ白残りする
→バジャー 日焼け止めの白残りを改善する方法

バジャーの白くならないタイプの日焼け止めが良すぎるので
その感想を書きます




以前までも
バジャーのメリットデメリットの話はしているのですが
改めてお伝えしたいのが
この日焼け止めの
「保湿効果」
です

通常タイプは白くなら無いようにごく少量しか使えなかったのですが
白くならないタイプは、感覚的に「2倍」くらいの量を使っても白くなりません

ですので、日焼け止め自体に油分が含まれている効果が十分に発揮されて
乾燥を防げます

もちろん合う合わないはあると思いますが
私は乾燥する冬でも、この日焼け止めの保湿効果で満足していて、乾燥を防げています

私感ですが
通常タイプの場合は塗る量を少なくせざる負えないために、油分が不十分に感じていて
ワセリンを併用していましたが
白くならないタイプに変えてからは日焼け止めのみの使用になり
肌トラブルもありません

バジャーの日焼け止めは肌に優しいことばかり取り上げられがちですが
保湿剤としても優秀だと私は感じています



バジャー 日焼け止めの白残りを改善する方法





以前バジャーの日焼け止めが白くなるという記事を書きましたが
バジャーの日焼け止めはめっちゃ白残りする
バジャーの日焼け止めを使った感想レビュー

この問題を簡単に解決する方法があります
それは
白くならないタイプを使うことです

バジャーの日焼け止めでおそらく一番売れているのが
汗や水で落ちにくいスポーツ用だと思うのですが
実は2種類あって
パッケージデザインがほぼ同じなのですが
左に黄色く
「CLEARZING]
と書かれているものです
こっちが白くならないタイプです

これを使ってください

私も最初は通常タイプを購入して使っていました
それを使い切ってから白くならないタイプに買い替えて
びっくりするほど使いやすくなりました

通常タイプは少しでも多く塗ってしまうと
すぐ白く残ってしまって
かなり神経を使って塗っていたのですが
白くならないタイプは、通常タイプの倍の量を使っても白さが目立ちません
外出中に塗り直したりする場合も、以前までは白くなっていないか入念に確認する必要があったのが
その手間がなくなり
気持ち以前より多めに塗っても白くならず、安心して塗れるし、時短にもなりました




以前までの朝のスキンケアは
朝、水洗顔をしてすぐさまワセリンを薄く塗ってから日焼け止めを塗って
という方法だったのですが
バジャーの日焼け止め自体にも保湿効果があるので
朝、顔を洗ってすぐこの日焼け止めのみを塗るだけのスキンケアに変更しました

これは以前よりも白くなりにくいため
多めの量の日焼け止めを塗れるようになったので
保湿にも十分の油分を感じることができたからです

以前までは白くならないためにほんの少量しか塗れず
日焼け止めだけの油分では、なんだか足りなく思っていたので
ワセリンを塗ってからの使用でしたが
ワセリンが不要になりました

スキンケアの合う合わないはありますが
私はこの日焼け止めでなにもトラブルはありませんし
気持ちよく使えています

私はスキンケアはなるべく使う物を少なくしたいので
この白くならないタイプはとても気に入っています

通常タイプと比べて効果や匂いなども違いは感じないので安心して使っています

是非この記事を読んでいただいている方も
バジャーの白くならないタイプの日焼け止めを使いましょう



バジャーの日焼け止めを使った感想レビュー デメリット





メンタリストのダイゴさんのYouTubeで人気の出た
バジャーの日焼け止め

オーガニック原料を使用した
肌に負担の少ない日焼け止めです

私自身も実際に使っていますので
使用していて感じる
メリット デメリット をお伝えいたします

まず結論からお伝えすると

メリット
・肌に負担が無い
・日焼け止め自体に保湿効果がある

デメリット
・とにかく白くなりやすい
・白くならないために塗る時間、神経を使う

以上のことを感じます
一つずつ説明します

メリット

・肌に負担が無い

私は小さい頃からアトピーで
髪は湯シャン
体も洗剤を一切使わない
といったことをしています
(顔だけは日焼け止めを落とすため石鹸を使います)
それが一番合っていると感じていて
TVCMで宣伝されているような市販のシャンプーやボディソープ類、もちろん化粧水や日焼け止めも含みます
そんな類のものを使うと乾燥したりニキビ、赤みが出たり肌トラブルにつながるタイプの肌の弱い人間です

そんな私が使ってもトラブル無く使えている数少ない日焼け止めです

どんなものでもその人によって合う合わないはあると思うのですが
多くの人が安心して使える日焼け止めだと思います




・日焼け止め自体に保湿効果がある

これはバジャーに限ってのことでは無いですが
成分を見れば分かる通り油分があって
保湿効果があります
意外にこのポイントをピックアップされていないのが残念ですが
スキンケアをなるべくシンプルにしたい方は
このバジャーの日焼け止めだけ、という選択肢も十分ありだと思います

デメリット

・とにかく白くなりやすい

この日焼け止め最大の注目すべきポイントかもしれません
めちゃくちゃ白くなりやすいです

気になる方は必ず合わせて読んで欲しいです
バジャーの日焼け止めは白くなる
白くならない方法

ドラッグストアで売っているような日焼け止めの使用感に慣れている方が
これをその感覚で使ってしまうと
間違いなくバカ殿みたいに白くなることでしょう

白くならずに使うまで、慣れるまで
私はかなり時間がかかりました
正直使いにくいですが
それを加味しても使っていて肌トラブルが無いことが一番ですので
継続してこれからも使い続けるでしょう




・白くならないために塗る時間、神経を使う

これは先述の内容と被るのですが
白くなりやすいために
鏡の前で白くなっていないか確認するのに時間と手間がかかる
ということです

器用で上手に使う方もいらっしゃると思いますが
私のような人間には正直使いにくいです

これを使いはじめた最初の頃は
職場で何度か「顔白いよ」と言われて
とても恥ずかしかった経験があります

以上、私が使った感想でした

正直私ほど肌が弱く無い人にはデメリットが目立ちますが
このデメリットは
「白くならないタイプ」
があって
そちらをつかえばほぼ解決できますので
白くならないタイプを買いましょう



ダーマローラーおすすめの針の長さ

自分でニキビ跡クレーターや毛穴治療で最近注目されてきたダーマローラー
針の長さが沢山あるので


どれを買えば良いか迷うと思います




私の主観ですが
オススメは

1mmです(顔の頬に使う場合)

2mm 2.5mm も使いましたが 1mmが良い
というのが今の私の意見です

ネットでは長ければ効果が高いと言われがちですが
私自身、2mmと1mmで効果の差はあまり感じませんでした

ですが当然長い2mmの方が
痛いし、血も出るし、赤みが消えるまでのダウンタイムも長いです

過去ダーマローラーのブログを何度も書きましたが
今では1mmのほうが綺麗になったかも、とさえ思います

クリニックでも使われるダーマローラー ですが
長年プロとして使用しているクリニックも、長さと効果は比例しないことを言っているところもあります
クリニック針の長さは効果ではない

ダーマローラー は自分の力加減で針の刺さる深さが変わります
2mmの針をしっかり刺すのは、単純にただ痛いです
人によっては無理でしょう

主観ですが
1mmも痛いですが、2mmと比べると全然マシで続けやすいですし
ニキビ跡にも効果はあると思います

過去記事にも何度も書いていますが
ダーマ治療を1回や2回してすぐに効果が分かるような魔法では無いので
セルフダーマ治療1年続けてみての感想
1mmと2mmどっちが効果が出たのかは私も分からないのですが
1mmの方が使いやすいのは間違いありません
ダーマローラー1mmを2ヶ月使った感想

ダーマローラー の針はローラーに針が付いているという特性上
針が長くなるほど斜めに刺さって傷の深さと同時に面積も大きくなってしまいます
ダーマ治療は細い針で細い穴(傷)を肌に開けることですが
針が長くなるほど太い穴になってしまうのだと思います
おそらくそういう原因から、1mmを使った後の方が肌のきめ細かさを感じますし
なんとなく、というレベルですが、針が短い方が毛穴も小さくなった気がします




何度も言うように主観なのですが
針が短い方が毛穴のような小さな凹凸に効果があると思いますし
針が長い方が大きく凹凸のあるクレーターに効果があるのでは無いかと思っています

私は今はダーマローラーの使用を辞めて
ダーマペンでのダーマ治療をやっています

どっちが良いかは人によって違うとは思うのですが
私はダーマペンの方が良いと思っています

その1番の理由は
ダーマローラーの場合
針が斜めに刺さるというデメリットを
ダーマペンは解消しているからです

そしてダーマペンは電動のため
肌に押し当てると設定した長さ分しっかりと刺さります
変わらず痛いですが、、、



メンズクリアの1000円ヒゲ脱毛は効果がない!





先日メンズクリアの
1000円トライアル脱毛に行ってきました

行った感想も記事にしています
メンズクリアの感想

今回伝えたことは

メンズクリアのCMで言われている
1000円でポロポロとヒゲが抜ける
というのは
ウソ だということです

YouTubeの動画広告でもうざいほどに流れてきます
「1000円でヒゲがポロポロ抜ける!」

と怪しいCMで
まるで1回の施術だけでも効果があるかのような言い方ですが

私は全くと言って良いほど
効果は無かったです

メンズクリア公式
1000円トライアル

1週間ほどでヒゲがポロポロと抜けてくる
と言うことを
期待していましたが

2週間経っても
1ヶ月経った今でも
1本も抜けてくる気配すらありません
まるっきり意味が無かったと言い切れるほど変化はありませんでした

ちなみに
私は仕事的にもヒゲが生えていて大丈夫なので
この期間髭剃りはしていません
ですので髭剃りのときに一緒に抜けていたということも有り得ないので
確実にメンズクリアの施術でヒゲが抜けるということは無いという証明になります

やはり何度も通って
何度も施術を繰り返さないと効果は出ないのだと思います




もちろん効果は個人差があると思いますが
私自身、ヒゲは薄い方ですし
朝剃れば翌日の夕方でもあまり気にならない程度に薄い髭ですが
そんな私の弱っちいヒゲでも
1回での効果は全くありませんでした

ですので
このブログを見ている人で
1000円ポッキリ1回のみで
少しでも髭を薄くできると期待している人は
諦めた方がいいでしょう

結局は高額なコースを契約して何度も通って
ポロポロと髭が抜け落ちるのだと思います

クリニックでの医療脱毛と比べると
明らかに1回の効果は弱いですし

CMで言われる
1000円でポロポロとヒゲが抜けるというのは

ウソ

というのが個人的な結論です

私のようなヒゲの薄い人でこの結果なので
ヒゲの濃い人ではもっと効果がないでしょう

滅多なことがないと
1000円でポロポロとヒゲは抜けません

正確には
最初は1000円で出来る脱毛施術体験をして
その後何十万円もする高額コースを契約して
何度も通っている、そのうちにヒゲがポロポロ抜け出す

という感じだと思います




「1000円でツルスベ」
「1000円でヒゲがなくなる」
と思わせるような広告は
明らかに誇大広告です

結局は
とにかくなんとしてでも
実店舗に誘導して
営業トークを聞かせるための作戦でしか無いのです

1000円で体験をすること自体はとても良いと思いますが

1000円だけで変化や効果は無い
相手の勧誘トークを聞かないといけない
ということを分かった上で1000円体験に行くようにしましょう



ティーツリーオイルを使ってみての感想 ニキビへの効果 スキンケアの実感





メンタリストダイゴさんのユーチューブで
ティーツリーオイルがニキビの改善に効果的な研究結果がある、というものがあり
ティーツリーオイルでのスキンケアが気になっている方も多いと思います

私自身、高校生大学生の時期に病的に酷いニキビに悩まされましたが
社会人になる頃にはある程度ニキビは治り
その後はブラマヨの吉田さんのようなクレーターニキビ跡と毛穴の開きが酷く
クレーター、毛穴の治療に専念していました

ですが今年の夏頃
原因がわからないのですが
突然ニキビがたくさん出てきました
両モミアゲ付近に白ニキビが出来て
急速に赤ニキビに成長してしまいました
結構な炎症を起こしていて
結構痛かったです

ここ7〜8年くらいはニキビや肌荒れは無く
安定していたのですが
久しぶりの突然ニキビが出来て驚きまして

そこでダイゴさんの紹介していた
ティーツリーオイルを試してみましたので
感想を書いていこうと思います

まずニキビに効果があったかというと
私は「無かったと思います」




ニキビが特別早く治ったとも思わないし
肌ツヤが良くなったり、特別保湿されるとかもありませんでした

まずなぜティーツリーオイルがニキビに効果的と言われるかというと
殺菌抗菌作用があるからです
「ニキビの原因菌を抑える」的な効果があるのでしょう
他にもダイゴさんが推している「ココナッツオイル 」と似たようなものです

過去の記事にニキビについて書いていますが
ニキビの治るまでの期間
ニキビの治り方

赤ニキビにまでなると直ぐに治ることはありません
早くても1ヶ月は必要です

この記事を書いている今は
それから3ヶ月ちょっと経過していて
ほぼ治っていますが
少し赤みが残っている部分もあります

私自身
過去の酷いニキビがある時期にも
時間をかけて色々なスキンケアを実践してきましたが
その中でも効果が大きいとは思いませんでしたし
特別な効果はありませんでした

ティーツリーオイルを数回使っただけの感想ではなく
約3ヶ月ちゃんと使った感想です

私はティーツリーオイルを使って
肌の状態が悪化することは無かったのですが
使用感は独特で
塗った時に「スー」っとした「ヒヤッ」とした感覚があって
少し刺激的な感覚があります
ネット上の感想でも赤みが出たり
合わない人がいると良く言われていますし
合う人、合わない人、は確実にいると思います

私自身も幼い頃から酷いアトピー体質で肌が弱く
TVCMでやっている系のボディソープやシャンプー、スキンケア化粧品系は本当に合わないのですが
ティーツリーオイルは問題が起きなかったので
そこまで刺激の強いものではないかなと個人的には思います

ですがこれから使い続けることはないです

久しぶりにニキビ治療目的の商品を使いましたが
これまで試したニキビ治療方法の中で確実に効果的だと思うのは
肌断食orワセリンのみ などの、なるべく何もしないスキンケアが良いと思っています




人によってはティーツリーオイルがニキビに良いと感じる人もいてると思いますが
私は使用感に刺激的な感じがありますし
なんとなく肌に負担をかけている気もします
これを使う特別な理由はなにも感じませんでした

他にティーツリーオイルの特徴として
「ニオイ」があります
アロマオイルのようなニオイがします
好きな人は好きでしょう
私も良いニオイだとは思いますが
個人的にニオイ付きのものが好みではなく
ニオイなしのものがメンタル的にも気持ちよく使えます
その理由で
「ココナッツオイル 」の使用も辞めました

長らくワセリンを愛用していますが
個人的にワセリンの方が安心して使えるし
使い心地もワセリンの方が好きですので
またワセリンの使用に戻しています

ダイゴさんの発信する情報は
なんとなく信用してしまう魅力があるので
ティーツリーオイルを使ってしまいましたが

やはりニキビ治療やスキンケアは
・なるべくなにもしないスキンケア
・シンプルなもの(ワセリン)だけを使う
・規則正しい生活
・栄養のある食事
これが全てで
肌の弱い私にも合っているし
気持ち良いと感じました

ニオイ付きのものや使用感に癖のあるものは
これからもやめようと思います



ジーンズ 世界大恐慌とデュードランチ





今回はアメリカでの
ジーンズの売れ行きのお話をしましょう

作業着として生まれ
実用性抜群のワークウェアだったジーンズも
今までずっと順調に売れ続けたわけではありませんでした

前回までのお話とかぶる内容もありますが
復習と思って読んでいただければと思います

1848年に金が発見され
ゴールドラッシュと言われる現象が起こり
ジーンズはフォーティーナイナーと言われる鉱山堀り達に使われ
よく売れました

ですがゴールドラッシュは永遠には続きません
ですがゴールドラッシュが終わっても
ジーンズは終わりませんでした

未開拓のアメリカ西部を開拓する流れが強まり
「GO WEST!」と騒がれ
西部開拓が本格化しました

この西部開拓のことを「フロンティア」と言います
西部そのものをフロンティアと言ったりもしますが
このフロンティアに生きた人々が
ジーンズを使ったのでした

カウボーイや農民達がその代表です

1862年にホームステッド法という法律ができました
未開拓の土地に定住したものは無償でその土地を与えられるというもので
希望や夢に溢れた時代でした

1869年に最初の大陸横断鉄道が敷かれ
西部への入植が本格化しました

そのおかげで
農業地帯や牧場が広がったのです
特に牧畜業は東部の市場とも結びつきが強く大いに広がりました
キャルトキングダム(牛の王国)と言われ
この時がカウボーイの全盛期だったとも言われます

ジーンズはそんなカウボーイの必需品であったのでした

ですがゴールドラッシュ同様
キャルトキングダムもいつまでも続きません

1900年ごろには工業化が進み
アメリカは世界一の工業大国になりました

人里離れた西部の開拓地は工業地帯に適さず
人口は都市に集中するようになります




そうしてフロンティアブームは去っていき
小規模な牧場は潰れ
馬に乗れるカウボーイの数もかなり減ったそうです

ジーンズを履くカウボーイが減ると
ジーンズの売れる数が減るのが普通ですが
面白いことに
不思議とジーンズの売れ行きは減少しませんでした

颯爽と馬に跨がるカウボーイは
仮面ライダーやウルトラマンのようなヒーロー的イメージもあったのでしょう
カウボーイに憧れるアメリカ人がジーンズを履くようになったのです

フロンティアブームは薄れ
カウボーイの数は減少
工業大国へと進化はしたのですが
そういう効率的な最新のシステマティックな仕事が普及するほどに
かつてのフロンティアブームを懐かしみ
居なくなったカウボーイのジーンズに思いをはせていたのかもしれません

ジーンズがフェッションとして確立するのは
まだ先なのでが
このときがジーンズをファッションとして捉えはじめた歴史の最初のきっかけだったのではないでしょうか

そして
1920年代はジーンズの暗黒時代と言われています
あの「華麗なる「ギャッツビー」の時代です
景気が良く
都市の人口が農村を上回り
都市化が進みました

「禁酒法」ができて
街にはギャングが横行し
ジャズが流行り
T型フォードに代表するカーブームが起きて
車がステータスシンボルの時代でした

とにかく華やかな時代で
ビシッとしたスーツスタイルが流行し
ジーンズ姿は街中から姿を消しました

ジーンズが
ファッションになりかけていたのですが
本来の「ただの作業着」に戻ってしまったのでした

景気が良いのにジーンズが伸び悩んだ時期でした

その後
1929年
いつまでも景気が上がることはなく
株価が大暴落をはじめに
急激な不景気へとなってしまいます

当然ジーンズも大きな影響を受けました

貧しい人が増えるので
実用性抜群のジーンズが売れたと思うかもしれませんが

それどころでもありませんでした
多くの人は、そのジーンズを買う余裕も無く

リーバイスなどのジーンズ会社は返品が殺到し
会社の中は返品されたジーンズの山になっていたと言われています

デパートなどでも原価を割ってまで
ジーンズを処分していたようです




そんな中
ジーンズ人気を起こした出来事がありました

「デュード・ランチ」というもので
簡単にいうと「牧場観光」のことです

不景気の波には都市だけではなく
とうぜん西部のほうにも波及しており
牧場の経営にも大きな影響がありました
そこでなんとかしようと牧場経営のために考えたものが
「デュード・ランチ」で
東部のお金持ちを対象に商売をしたのでした

どんなに不況でも暇なお金持ちはいるもので
デュード・ランチでは
そんなお金持ちを
カウボーイの格好にさせて
馬に乗る体験をさせ
食事もカウボーイと同じものを出しました

今風に言うと
「コスプレ」である




カウボーイはアメリカの伝統でもありますし
懐かしのフロンティアブームの雰囲気を感じたり
薄れつつあった文化を体験できる遊びとして流行しました

つまり
金持ちの
カウボーイの
コスプレが
流行ったのです!!!

もちろんジーンズを履きますので

ジーンズの売り上げも上がったのでした

本来のワークウエアとしての用途とは違いますが
ジーンズの用途が多用途化した歴史の一つとして、とても面白い出来事ではないでしょうか?

その後
第二次世界大戦がはじまると
ジーンズは軍事用の作業着になり
戦争関係者しか買えないものになってしまいます

戦争が終わり
ファッション化が進むのは
以前のお話で説明しましたが

このようにジーンズの歴史を知ると
さらにジーンズを楽しんで履いていただけるのではないでしょうか