肌をキレイにする食事 美肌になる食べ物などは存在しない

これまでスキンケア製品やニキビ跡クレーター治療のことばかりを記事にしてきましたが
今回は肌をキレイにするための食事について
美肌活動を初めて10年以上の私の意見を書いていこうと思います

目次
・肌に良い食べ物など存在しない
・肌に悪い食べ物など存在しない

・バランスの良い食事が1番のスキンケア
・スキンケアで一番大切なことは健康的な生活習慣
・最後に バランスの良い食事とは




・肌に良い食べ物など存在しない

まず第一に伝えたいこととして
「肌に良い食べ物などは存在しない」
ということがあります

美肌になるための人気記事や人気動画がネット上に溢れていて
〇〇という食べ物の××という成分が美肌に良いという情報ばかりが流行っているように感じますが
それは「ウソ」だと私は考えています

そういう情報は
誰でも理解しやすいように
かなり噛み砕いて、噛み砕きすぎた内容のものが大半で
もっと大事なことがあります

それは簡単に言うと
「偏りの無いバランスの良い食事をとる」
ということです

例えば
トマトのリコピンが良い
鶏肉のタンパク質が良い
などありますが
トマトだけ食べていてもダメです
鶏肉だけ食べていてもダメなのは理解できると思います

例えば
タンパク質は
肌はもちろん筋肉や髪の材料になる栄養として知られていますが
タンパク質だけ摂取してもダメで
タンパク質を肌に届けるためには
各種ビタミン類が必要であったりします

つまり何が言いたいかというと
肌に良いと言われる食べ物は
確かに肌に良い成分が豊富に含まれていたりするのですが
それだけでは全く意味が無く

バランスの整った食事をとっている上で
その肌に良い食べ物と言われるものを
「適量」食べることに
本当の意味があるということです

バランスの良い食事もとれていない状態で
肌に良いと言われる1つの食べ物だけを食べていても
それは偏った食事となり
健康な体から遠ざかるでしょう




・肌に悪い食べ物など存在しない

よく肌に良い食べ物というものにたいして
肌に悪い食べ物というものが紹介されていたりします

よくあるのは糖質ではないでしょうか

お米 パン パスタ など炭水化物と言われるような食べ物

ほかには
シリアルやお菓子など
またハンバーガーやピザなどジャンクフード

これらは全くの悪者にされがちではないでしょうか

食べない方が良いとされ
酷い場合は少しでも口にすることが悪かのように言われ
まるで毒かのように語られます

ですがそれは間違いだと思います
全然食べてもOKです

ダメなのは
それらを食べることでは無くて
そればっかり食べることです

ハンバーガーもチョコレートも
栄養のある食べ物です

ですがハンバーガーやチョコレートばっかり食べていると
当然、糖質や脂質ばかり過剰に摂取することになるので
偏った栄養の食事になるのです

糖質や脂質が悪いのではありません
糖質も脂質も健康な体には必要不可欠です
それだけ、そればっかり食べることが悪いのであって
「適度に食べる」のであればむしろ健康的なのです




・バランスの良い食事が1番のスキンケア

スキンケアで一番重要なことは
間違いなく食事でしょう

毎日3食マクドナルドのハンバーガーとコーラをお腹いっぱい食べているよな食生活をしていると
どれだけ良いスキンケア製品を使っていても肌に悪いことは理解できると思います

極論ですが
逆にバランスの良い食事をとって
肌には何も塗らない方が良いとも私は思っています

私は肌断食を経験しており
肌断食の感想
肌断食の良さを実感しているので
スキンケア製品が無くても問題無いとも考えています

外から色々と何か分からないモノを塗った効果よりも
毎日食べる食事に気を使って体の内側から健康になるほうが
効果は高いでしょう




・スキンケアで一番大切なことは健康的な生活習慣

私はものごころついた頃からアトピーでしたし
体が弱かったほうで
小さい頃からよく病院に行っていました
そこで医者から必ず言われるのが
「バランスの良い食事を食べて、十分睡眠をとって、規則正しい生活をしろ」
ということです

私たちの体は間違いなく毎日の食事から形成されていますし
毎日の生活習慣、環境に大きく影響します

食事も含め
もっと大きくまとめると
日々の生活習慣が大切です

先述のバランスの良い食事をとっていても
食事だけでは不十分と言えます

バランスの良い食事の効果を最大限発揮するためには

適度な運動をして
十分に睡眠をとる
などの
いわゆる規則正しい健康的な生活が必要です

これらを疎かにしたところで
肌になにかを塗るスキンケアは意味が無いとも言えるでしょう

そんなこと当たり前だと思われる方もいるかもしれませんが

世間の美肌になるための情報とは
肌に何を塗るか
クリニックでどんな施術を受けるか
という
なにかの商品を購入するような方向に消費者を誘導する内容がほとんどです

「健康的な生活」
には、そんなに多くのお金も必要ありません
しかもそれは肌だけではなく
自分の身体がより健康になります

美肌とは
健康な肉体の上に付いてくるものなのです




・最後に バランスの良い食事とは

いままで何度も「バランスの良い食事」
という言葉をつかいましたが

具体的にどういうものなのかという話ですが

それは簡単ではありますが
同時に
とても難しいことでもあります

難しい理由として
本当にベストな食事は人によって違うからです

スキンケア用品が自分の肌に合うもの合わないものがあるのと同じで
食べ物でも何をどれだけ食べるのがベストかは個人差があるでしょう

ですが大体の基本的な良いと言われる食事は
調べればいくらでもでできますし
それは簡単でしょう

その上でさらに
自分に合いそうな健康的な食事を試行錯誤して
自分の身体の調子を感じて
自分に合った食事を食べると良いと思います

これはすぐに分かることでもないので
絶対に時間がかかります
また年齢や体調によってもベストな食事は変化するものです
ある程度の年月をかけて
色々なものを食べて
ストレスのない範囲で取り組むべきことでしょう

肌に何かを塗ったりするスキンケアは
そういう食事ができていて
その上で効果があるものだと思った方が良いでしょう

ポッカリ凸凹毛穴は化粧品では改善しない
クレーターの治し方
セルフダーマのやり方
ダーマペンやりすぎると汚くなる
ニキビで皮膚科に行くことについて




ポッカリ開いたボツボツ毛穴の治し方 化粧品やスキンケアで毛穴は治らない

顔の毛穴が目立ってコンプレックスに感じている人は多いでしょう
顔の肌は特に平らでツルッとした肌が良いですし
毛穴が目立って凹凸感のある肌は嫌ですよね

私もそんな悩みを持つ1人で
毛穴以外にも
ニキビ跡のクレーターにも悩まされていて

約3年ほどクレーター治療を行なっています
クリニックでの治療にも通いましたし
→フラクショナルレーザーの感想
今は自宅でセルフダーマ治療を行なっています
→セルフダーマのやり方
→セルフダーマで肌が汚くなるかも

クレーター治療のほとんどは
毛穴を目立ちにくくする効果もあったりするので
クレーター改善とともに
クレーターでは無い所の肌質改善にも期待して治療を続けています

そんななか
毛穴に対して色々と思うことがあるので
今回はそんな毛穴事情についてお話して
毛穴に悩む方の参考になればと思います

目次
・肌の凸凹毛穴はほぼクレーターと同じ
・化粧品でパックリ凸凹毛穴は小さくならない
・凸凹ポツポツ毛穴肌の治し方




・肌の凸凹毛穴はほぼクレーターと同じ

まず今回一番言いたいこととして
毛穴の凸凹はニキビ跡のクレーターとそう変わらない場合がある
ということです

「毛穴が目立つ」
と言っても
色々なケースがあると思います

大きくザックリ分けて2つあると思っていて
・毛穴の黒ずみと言われるようなもので毛穴が黒っぽいポツポツで目立ちやすい状態
・毛穴の凹みが目立つ肌で凸凹感が強い状態
というケースです

もちろんどちらも合わせ持った方もいると思います

あくまで私の経験上の話なのですが
毛穴の黒ずみと言われる状態を改善するのは
比較的簡単だと思っています

厄介なのが物理的に毛穴が大きく開いたような状態で
毛穴の凹みが目立つような状態です

そんな感じで肌が凸凹だと
肌のキレイな艶も出にくいですし
肌がザラザラした質感に見えて老けた印象にもなってしまいます

私自身もそんな感じで
毛穴が小さくなると言われるクリニックの治療やダーマ治療を行い
約3年経過した今でも
劇的に良くなったとは思えません
(確実に少しずつ改善はしています)

私それで思っているのは
多くの人が悩んでいる
「目立つ毛穴」と言われるものは
「クレーター」と同じだ
ということです

以前の記事の
クレーターは治すのが難しいという内容
→クレーターを完治させるのは無理?
と同様で
大きく目立つブツブツ凸凹の「毛穴」と言われるものも
肌の形が変形してしまった状態であり
改善に時間がかかるものなのです




・化粧品でパックリ凸凹毛穴は小さくならない

毛穴を小さくすることを
謳い文句にしているスキンケア用品は沢山ありますが
私はそれらの商品で効果を感じたことは一切ありません

唯一効果を感じたことは
クリニックでのフラクショナルレーザーやダーマペンでの治療のみです

ディーサンが毛穴の閉じ方として
しっかりクレンジングした後に冷やしたパックを使う
というスキンケアを推奨していたりします
それ以外も大量に色んな方法がありますし

どれも多くの人に対して
毛穴を引き締める効果があることだと私も思うのですが

おそらくこの記事をみているような人が悩んでいる毛穴の凸凹は
そんなことでは全く改善されないでしょう

私が思うに
その理由は
先述の通り
その毛穴の凸凹は
「毛穴ではなくクレーター」
だからです

「毛穴が開いている」
という単純な現象ではないのだと思います

毛穴が開いて、開きすぎて、大きく凹んだような状態が定着し
クレーター同様に
肌の形そのものが変形してしまった状態で
自然に治るということはほぼ無いような状態なのだと思います

色んなスキンケアで肌質が改善し
凸凹が目立ちにくくなる場合はありますが
物理的に凸凹が平らになることは難しいでしょう

メンタリストダイゴさんが「毛穴は開いたり閉じたりしない」と発言したこともあります
それは酷く凸凹になった毛穴ポツポツ肌にまでなってしまっていると
何をやっても
肌が平らになるような
見た目が変わるようなことは無い
というように解釈しています




・凸凹ポツポツ毛穴肌の治し方

ではどうすれば
凸凹の毛穴肌を
平らな肌に出来るのか
という話ですが

それは
・クリニックでの治療
・セルフダーマ治療
です

先述の通り
ブツブツとした酷い毛穴肌は
ニキビ跡の凹んだクレーターと同じものだと思って良いでしょう

以前の記事で書いた
→クレーターの治し方
と同じですが

何かを塗って簡単に治る
というようなことは難しいと断言できます

どの程度のポツポツ毛穴かにもよりますが
私を含めカメラ越しにも目立つほど酷い場合は
それくらいしか方法が無いと言えるでしょう

まだ軽度の場合は
最近流行の「ゼオスキン」などでも改善可能かとも思いますが



ニキビ跡クレーターの治し方 改善方法

ニキビ跡クレーターを治すのは難しいです

私自身、長年病的なニキビに悩まされ
肌断食に出会いニキビを克服した後
リアルにブラマヨ吉田状態のクレーター顔に悩まされることになりました

ニキビ跡でもクレーターは放っておいて治るものでも無く
治療を行なっても改善に時間がかかります
私自身クレーター治療をはじめて約3年ほど経過していて
ようやくクレーターが改善したことを実感しており
身近な人からもキレイになってきたと言われたりしています

ニキビ跡で凹んだクレーターが出来てしまい治したいと思っている方に
治し方の参考になるように
ニキビ跡の改善方法について書いていきます

目次
・クレーターは自然治癒しないし化粧品は効果が無い
・クレーターを治す方法
・クリニックでのクレーター治療
・自宅でのセルフダーマ治療
・クレーターは改善にとてつもなく時間がかかる




・クレーターは自然治癒しないし化粧品は効果が無い

ニキビやニキビ跡色素沈着は
簡単に言うと放っておいても肌本来の自然治癒力で治ります

私自身ニキビを無くすため肌断食を5年間行い
ニキビや色素沈着はなくなり顔の肌の色は均一になりました
→肌断食体験談

ですが
クレーターは一切改善されませんでした

化粧品で「ニキビ跡が無くなる」的な宣伝を行うものも多いですが
全てウソだと思ってください

私も肌断食を終了しクレーターを治すため
色々な化粧品やニキビ跡ケアグッズを使いましたが
何一つとしてクレーターを改善できたものはありませんでした

クレーターが治ると言うような化粧品があれば
それは詐欺だと思った方が良いでしょう

ですがその化粧品が自分に合っていると
肌色が良くなったりと肌質は改善されることで
クレーターが目立ちにくくなったりすることはあるのですが
凹んだクレーターが盛り上がって平らになることは無いです

市販の化粧品にそこまでの効果があることはあり得ないことですので
注意してほしいと思っています

本来肌は平らなものではありますが
クレーターで凹んだ肌は
肌の形そのものが変形してしまった状態です
凹んだ肌は凹んだ状態が正常な状態です

凹んだバケツをどれだけ磨いても平らにならないのと同じで
凹んだ肌に何を塗っても平らにはなりません

変形した肌をもとに戻すということは
また変形させるようなものですが
塗るだけで肌の形を変形させる化粧品はありません




・クレーターを治す方法

クレーターを改善する
具体的な方法ですが
大きく分けて2つあります

・クリニックでの保険適用外治療

・自宅でのセルフダーマ治療

以上の2つが主な方法です

他にもクレーター治療の方法は少なからずありませが
ほぼこの2パターンでしょう

以上のどれもクレーターを治す理屈は同じで
簡単に説明すると
肌に超小さい穴(傷)を無数にあけて
その傷を治そうとする能力を活性化させることで
凹んだ部分を盛り上がらせ平らにすることを目指す治療です

ニキビ跡クレーターの凹みとは
簡単に言うとニキビという傷の傷跡でもあります

そのクレーターを治す方法は
またも傷を利用して治す以外にないのです

これは健康な肌に傷をつける行為と言えるので
炎症を起こし赤みが出て
いわゆるダウンタイムというものが発生する治療になるので
それなりの覚悟をした上で行う必要があるとも言えるでしょう




・クリニックでのクレーター治療

美容皮膚科などのクリニックで
クレーターの治療が可能です

この方法が一番確実かつ安全でしょう

ですがクレーター治療は
保険適用外の治療となるので
高額な金額になります

しかもクレーター治療は1度の効果は非常に小さく
何回、何十回と治療を重ね長期継続する必要があるので
かなりの金額が必要になることを覚悟しましょう

クリニックでのクレーター治療の方法は
主に2つで
・CO2フラクショナルレーザー
・ダーマペンorダーマローラー
です

この2つの違いとして
どちらも肌に微細な穴をあけるものですが
簡単に説明すると
レーザーで穴を開けるか
針で穴を開けるか
の違いです

効果の違いとしては

レーザーのフラクショナルの方が
効果が高い ダウンタイムが長い

ダーマの方が
効果が低い ダウンタイムが短い

と言えます

最近の人気としては
ダウンタイムの症状が軽く短いダーマペンが人気で
有名な芸能人やユーチューバーも多くの方がダーマペンをクリニックでやっていることを公言しています

ですがクレーター治療を目的とするなら
フラクショナルレーザーの方が良いという意見もあります
現役のクリニックの医師の意見として
凹んだクレーター改善が目的ならフラクショナルを進めている人がいますし
クリニックの公式HPやブログで効果で言えばフラクショナルの方が上と断言していたりもします
→CO2フラクショナルレーザーの感想

どちらもメリット、デメリットがあるので
自身の状態や生活環境をよく考え、クリニックの担当医師とよく相談の上で治療を進めましょう




・自宅でのセルフダーマ治療

クリニックで行うダーマペンやダーマローラーでのダーマ治療ですが
これは自分でその器具を購入することができるので
自宅でセルフ治療をすることも可能です

クリニックが使用している器具は医療用のため
全く同じものを購入して使うことは難しいのですが
セルフ治療用として主にインターネット上で販売されています

これらを使うのはあくまで自己責任になりますので
クリニックでの治療以上にそれなりの覚悟をして行う必要があるとも言えます

セルフダーマ治療の最大のメリットは
クリニックでの治療に比べ
必要なお金が圧倒的に少なくて済むことです

ダーマペンとダーマローラーがありますが
どちらも使ったことがある私のオススメは
ダーマペンです

最初に本体を購入するのは5千円〜1万円ほど少しお金がかかりますが
それ移行の替え針は数百円で済みますし
長期間ダーマ治療を続けるなら経済的にもお得だと思いますし
ダーマペンの方が使い勝手も良いと思います

そんな感じで
金額的には気軽にはじめれそうに感じる人もいてるかもしれませんが
顔に傷をつける行為です
私自身色んなことを試し一番効果的な方法を探ってきましたが
その中で多くの失敗もありました
過去の記事でも紹介しているので
よければ一緒にご覧ください
→ダーマペンの使い方まとめ
→セルフダーマは間違えると肌が汚くなる




・クレーターは改善にとてつもなく時間がかかる

ここまでクレーター改善方法の説明をしましたが
最後に一つ
念押しに伝えておきたいことが
「クレーター改善には時間がかかる」
ということです

詳しく過去記事でも伝えているのですが
→クレーターを完治させることは無理かもしれない

一度変形した凸凹肌を平らにする難易度はMAXレベルに難しいのです

どれだけクレーターに有効だと言われる治療でも
1度で期待するほどの効果があるものは現状存在しません

芸人のバービーは今まで何百万円もクレーター治療にお金をかけて
ユーチューバーのヒカルはクリニックでの肌治療費に毎月30万円以上かけているそうです
ですが2人とも今だにクレーターが完治はしていません
→バービーが400万円かけても肌が汚い理由

お2人とも画面越しに見るととてもキレイですが
化粧をして照明が当たっていますので

それだけ時間のかかる難しいことだということを知ってほしいのです




ニキビ跡クレーターを完全に治すことは無理かもしれない

顔のニキビ跡のへこんだクレーターに悩む方は多いと思います
ですが大きくへこんだクレーターは完治するのが難しいと言われます

私もクレーターがコンプレックスで
クリニックでのクレーター治療
セルフダーマ治療と
合計で約3年ほどクレーター改善を頑張っています

その経験から私の考えを書いていきます

目次
・クレーターを治すことはとにかく難しい
・完全に治すことは無理かもしれない
・芸人バービーからクレーター治療の難しさを学ぶ
・クリニックのクレーター治療のビフォーアフターから学ぶ
・凸凹のクレーター肌が平らな肌にまで改善した症例を見たことが無い
・それでもクレーター治療を続ける




・クレーターを治すことはとにかく難しい

クレーターを完全に治すのが無理と言われる理由として大きな原因は
「治療にかなり時間がかかる」
ということです

私自身も両頬クレーターだらけの汚肌から
クレーター治療をはじめましたが
それで感じる1番の難点は
1回の効果がかなり低いことです

クリニックでは
フラクショナルレーザー
ダーマペン
が代表的で
→フラクショナルレーザーの感想

自宅で可能な治療では
セルフダーマ治療が
多いかと思いますが
→セルフダーマのやり方

どれも1回の効果は
驚くほど低いです

正直これらの治療をきちんと効果が出るまで
続けれる人はなかなかいないのが現状だと思います

元の肌がある程度キレイだったり平らな人がやると
効果が高いと感じると思うのですが

凸凹の肌を平らにしたいという目的で行う場合は
何回も繰り返しやって
何ヶ月も 半年 1年 と時間が経って
ようやく少しの効果を感じれるかどうかというものです

一度大きく凹んだ肌は
肌そのものの形が変形してしまっているので
それをまた変形させるのはとても難しいです




・完全に治すことは無理かもしれない

私自身クレーター治療をはじめる前は
リアルにブラマヨ吉田状態でしたが
今では凸凹が結構改善したと実感しています

ですがまだまだ普通より凸凹はありますし
肌が汚いということは変わっていません

かなり根気強く治療を続けている方だと自分では思っていて
凸凹具合がマシにはなったのですが
それでもキレイな肌にはなっていません

大きく凸凹の肌を
平らになるまで変化させるのは
無理という意見もあるくらいです




・芸人バービーからクレーター治療の難しさを学ぶ

芸人のバービーさんが良い例です
バービーさんはクレーターで凸凹ですが
一時に比べるとかなりマシにはなっています

厚化粧でかなり隠せていますが
まだ完全に平らな状態になったとは言えませんし

バービーさんがクレーター治療にかけた金額や期間は
普通の人には真似できないようなものになっています

それでもキレイな平らな肌にならないのです

→バービーが400万円かけても肌が汚い理由

私もクレーター治療を約3年続けていて
そんな現実を身をもって知りました




・クリニックのクレーター治療のビフォーアフターから学ぶ

クリニックでのクレーター治療が一番効果が高いというのは
当たり前に考えることだと思います

クリニックのHPには色んなビフォーアフターの症例写真がありますが
よく見てみましょう

凸凹肌の方が治療を続けて
1〜2年続けた症例でも
凸凹は消えていないものばかりです

もちろんかなり改善はしていますが
おそらくこの記事を見ている人が目指しているのは
もっと平らな肌を目指しているものだと思います

ちなみにクリニックのHPのものは写真なので
実際よりも凸凹や毛穴が目立たないのはもちろん
写りが良く、効果が出た症例を選んでいるので
自分が同じ施術を受けたからといって
同じ効果が出るとも限りません

それだけ難易度の高いのがクレーター治療です




・凸凹のクレーター肌が平らな肌にまで改善した症例を見たことが無い

クレーターを治療するのが無理かもしれないという
最大の理由ですが

それは重度の凸凹クレーター肌から
ツルッと平らな卵肌まで改善した症例を
見たことが無いからです

クリニックの症例写真でも
正直「こんな程度」というようなものばかりです

軽度のクレーターであれば
かなりキレイな肌まで改善した症例を見ますが

私はもっと重度のクレーター肌ですし
この記事を見ている方もそうなのではないでしょうか?

このクレーター治療の難しさは本当に腹立たしいのですが
現実的にかなり治療が難しいということを分かっていないと
色んな治療に過度な期待をしてしまい
がっかりした気持ちになってしまうので
クレーター治療の難しさを理解しとくべきだと思います




・それでもクレーター治療を続ける

今までクレーターの難しさを
しつこいくらいに書きましたが
それでも私はクレーター治療を続けます

それしかクレーターを改善できる道が無いと思うからです

私の夢は美肌になることです
お金持ちよりもなにより美肌の人が羨ましいのです



フラクショナルレーザーを4回受けた感想 効果と注意点 湘南と品川

私は顔中のニキビ跡、クレーター、毛穴がコンプレックスで
クリニックでのCO2フラクショナルレーザーを1年の内に4回行いました
1回は湘南で3回は品川で行いました

その感想を書きます
過去記事にも書いているのですが
改めて時間が経った今でこそ思う感想も含めて書かせていただきます

目次
・どのくらい効果があったのか
・セルフダーマペンとフラクショナルレーザーどっちが良い
・フラクショナルのデメリット
・フラクショナルを受けるときに医師と話すべきこと




・どのくらい効果があったのか

私自身も一番気になっていたのが
どの程度効果があるのかということですが

結論から言うと
頬のクレーターと毛穴はほとんど効果を感じませんでした
ですが、鼻とおでこはかなりキレイになったと感じました

という感じで
効果が高かった部分と
効果が低かった部分がありました

私の顔はニキビ跡の凸凹で
冗談ではなくブラマヨ吉田状態でした
それに加え、全体的に大きな毛穴的な凹凸感もあって
かなり酷い状態でした

品川ではかなり強めにレーザー照射を行ってもらいました
それでも実感できた効果は低く
それほどに頬の凹凸の酷い状態を改善させることは大変なのだと身を持って実感しました

ですが
おでこと鼻はかなり良くなりました
そもそも鼻とおでこはニキビ跡も無かったですし
コンプレックスになっていたのは頬なのでどうでも良かったのですが
黒ずみ毛穴のポツポツのあった鼻は白くツルッとなりかなり良くなりましたし
おでこもキメが細かくキレイに肌質が良くなったと感じました

おでこと鼻は頬に比べ皮膚も薄く効果も出やすいのだと思うのですが
逆に頬の深い凹凸の改善への効果は予想以上に低いという感想です

ですが
頬に全く効果が無いということでは無く
4回フラクショナルレーザーを受けて
少し凹凸がマシになった実感は確実にありました

私の予想なのですが
もともとの肌がキレイな方、というか
深いクレーターや無数の大きい毛穴が無いような症状が軽い方が受けると
私のおでこや鼻のように頬にも効果が大きく感じるのだと思います

私のように凹凸が激しい重症の方はあまり大きな期待はしない方が良いでしょう




・セルフダーマペンとフラクショナルレーザーどっちが良い

フラクショナルレーザーを受けた後
可能であれば通い続けたかったのですが
金額も高く、出費が苦しく感じたので
クレーター治療をセルフダーマ治療に変更しました

セルフダーマもクレーターへの効果を感じましたので
今まで続けているのですが

フラクショナルレーザーとセルフダーマ
どちらが効果があるかと聞かれると

「フラクショナルレーザー」
だと思います

クリニックでの治療とホームケアですので
当然クリニックで行ったフラクショナルの方が効果が高いのは当たり前だと思いますが

セルフで行うダーマペンとクリニックでのダーマペン
そこまで大きな差は無いと個人的に思っています
もちろんクリニックで特別な美容液などを併用すると効果的だったりするのだと思いますが

それでもフラクショナルレーザーの効果の方が高いと
私は思っています

鼻やおでこの肌質が改善したフラクショナルですが
セルフダーマでそこまでの高い変化や効果はありません

セルフダーマをしていて
頬のクレーターも徐々に本当にゆっくりと浅くなっている実感がありますが
それもフラクショナルよりさらに遅いペースで改善していっている感覚です

感覚ではダーマペンはフラクショナルの
50〜60%程度の効果だと感じています

ですがセルフダーマはクリニックでのフラクショナルよりも
圧倒的に費用が安く行えるので
セルフダーマを続けています

セルフダーマもクレーターに対して間違いなく効果があるものなので
セルフダーマのやり方
セルフダーマで注意するべきこと




・フラクショナルのデメリット

フラクショナルレーザーのデメリットですが
一番はやはり金額です

クリニックでの保険適用外診療はやはり高額です

私のような重症クレーターをキレイにするまでやるには
相当な金額、さらには相当な期間が必要でしょう

次にダウンタイムです
ダーマペンに比べ明らかにダウンタイムの期間が長いですし
症状も重いと思います

ダーマペンの場合ですと
私の場合相当ハードにやっても3〜4日であまり気にならない程度まで症状が落ち着きます

比べてフラクショナルの場合
1週間は何かしら気になる状況が続いた
というのが私の感想です

赤みが続く期間も長いですし
赤みが消えても
顔全体が微細なカサブタのようなだらけの状態でザラザラする期間が続きます

そんなダウンタイムの間は
やっぱり肌が汚く見えるので
人前に出る仕事や、休みが取れない場合は気になってしまうと思います

私自身ダーマペンの3mmで頬の施術を行ったこともあるのですが
3mmダーマよりもフラクショナルのダウンタイムの方が思いと感じました

逆にダーマペンに比べ
それだけ肌に影響を与えているから効果が高いと言えるのかもしれません




・フラクショナルを受けるときに医師と話すべきこと

フラクショナルレーザーも照射パワーの設定を行うことができる治療です

その照射パワーについて
担当の医師と話し合って施術を受けるべきだと思います

一般的に強く照射した方が効果が高いとされています
私の場合も1番強く照射を受けた時が一番効果が高かったと感じました
そのかわりにダウンタイムも長く感じましたが

私自身4回受けた中でも色々な照射パワーを受けました
当然パワーが強くなるほど痛みも強いです

せっかくフラクショナルを受けるなら
効果の期待できるパワー強めで受けるべきだと思います

もちろん肌の状態や医師の判断で
照射可能なパワーが人によって違ったりもするはずなので
その辺を医師と話し合って
可能な限り強くやってもらうことをオススメします

というのも
4回のうち1番弱くやってもらったフラクショナルは
全くと言っていいほど効果が無かったですし
痛みやダウンタイムも軽く
時間の無駄だったと後悔した経験をしたので

可能な限りしっかり効果が出る施術を受けるため
この記事を読んでくれている方には
そういう思いをしないために
医師と話し合って欲しいと思います



セルフダーマペンで注意しないと肌が汚くなること

私は約2年セルフダーマ治療を続けています

はじめた当初はネットでセルフダーマの情報を集めましたが
人によって言うことが違い、様々な方法があって
どれが正しいか分からなかったので
自分自身で2年間かけて色々試して多くの失敗もしたので
そんな私の経験から
セルフダーマ治療で注意するべきと実感したことをまとめます

失敗もありましたがセルフダーマは
数少ないクレーター治療の1つで
私自身も状態は良くなってきています

セルフダーマをする方の参考になればと思います

目次
・間隔を十分にあけて行う
・針の長さは長くすべきではない
・スキンケア製品は何を使っても効果に差は無い
・ダーマ治療で一番大事なのは肌本来の自己治癒力




・間隔を十分にあけて行う

やりすぎると肌が汚くなります
私もやりすぎて何度も失敗した経験があります

やりすぎにもいろんなやりすぎがありますが
ダーマペンを行う頻度をやりすぎると危険です

肌色が悪くなり、鮫肌っぽくなってしまう可能性があります
色素沈着の危険も高まります

一回そうなってしまうと回復には時間がかかります

私も毎週やっていた時期がありました
最初は問題ないと感じていましたが
いつの間にか、なんだか肌のトーンが暗くなった気がして
肌質が悪くなったような状態を経験しています

それで肌が弱くなったのか
赤ニキビが大量発生して悲惨な状態になったこともあります
そのときのニキビは治りましたが
そのニキビ跡が残ってしまった部分もあり
かなり後悔しています

そのように
私の経験上
3週間以上の間隔でやるのが良いと思っています

最低でも2週間以上は感覚をあけるべきだと感じています

やればやるほど良い訳では無いことを身をもって経験しました

ダーマペンは肌を傷つける行為です
しっかりと治癒するまでの期間は肌が弱くなっています

炎症をおこしている状態であったり
傷口が完全にふさがっていない状態です

そんなちゃんと治癒していない状態で
さらに傷をつけてしまうと
炎症が酷くなったり
傷口がいつまでたっても治らないことになり
肌の力も弱くなってしまい
肌がボロボロになっていってしまいます

クレーターや毛穴などをコンプレックスに感じていて
ダーマペンで改善したいと思う気持ちが強いほどに
つい頻繁にやり過ぎてしまうのは
私も痛いほど分かります
ですが
ガマンして間隔をしっかりとあけた方が
キレイになることを私は実感しています

やりすぎるのはやめましょう




・針の長さは長くすべきではない

ダーマペンの針の刺す深さの設定で
クレーターを治したい方は
つい長めの設定にしてしまうと思います

長いものだと3mmまで刺せるダーマペンもあって
私自身も3mmを使用していた経験があります

ですがそんなに長いものは必要ありません
3mmはもちろん2mmも必要ないと思っています
顔には長くても1.5mmまでにするべきだと思います

私自身この2年間でいろんな長さを試してきましたが
1mmでも3mmでも効果の差を感じたことはありません

むしろ長い方が痛くてダウンタイムの症状が長く酷く
最悪の場合は色素沈着っぽい状態になってしまったときも経験しました

ネット上のセルフダーマの施術動画で
血だらけになっている人も多くて
血が出るほどやらないと効果が無いと感じる人も多いかもしれませんが
違います

血が出るほどやる=やりすぎで色素沈着のリスク
というのが私の経験上での結論です

顔の場合
頬は1mm以下
頬以外は05mm以下
でやるべきだと思います
それ以上はやりすぎです




・スキンケア製品は何を使っても効果に差は無い

セルフダーマの効果で
美容液などの美容成分を普段より深く浸透させる効果があると言われていますが
私の経験上
何を使っても同じだと思います

ネット上でもいろんな製品をセルフダーマと同時使用を勧める方がいらっしゃいます
私もそれらを参考に色々購入して試しましたが
何かしらの効果の差を感じたことはありません

成長因子系の美容液も使いました

ヒトプラセンタジェルから
値段の高いダーマヒールも使いました

ヒアルロン酸やビタミンC 系などの化粧水、美容液
色々使いました

正直どれも使ったからどうという感想はありません

結局は保湿をしておけば良い
というのが私の結論です

ワセリンやヒマシ油など
なんでも良いので
油系の保湿剤で乾燥を防ぐことさえすれば
ダーマ治療の効果はちゃんと発揮されます

高額な成長因子を使っていても
毎週ダーマペンをしてたら肌が弱って汚くなるし
美肌効果の高い美容液を使っていても
針を2mm3mmでやりすぎると色素沈着が発生して肌色が悪くなる

成長因子や美容液など一切使わずとも
血が出ない程度でしっかり間隔をあけて行えば
ワセリンで保湿のみで肌の状態が良くなっていく

というのが私が経験したものです

「ターンオーバーを早める」
というスキンケア製品も色々あります
私も少しでも早く状態が良くなるようにと
色々と使いましたが
それでダウンタイムが短くなったりするようなことも実感したことは無いですし
炎症が早く治るような効果も全く感じたことがありません

結局は個人で買えるレベルのスキンケア製品に大きな効果は無い
と言うのが私の結論です

メンタリストダイゴさんが言うように
色んな美容成分が皮膚から吸収されて効果が発揮することはほとんど無い
というのが多分本当なのだと
身を持って実感しました

最低限のワセリンと日焼け止めさえ塗っておけば
他に何を塗っても本当に何も違いはないと実感しましたので

それぞれが自分に合っていると思う
気に入ったスキンケア製品を
気持ちよく好きなように使っていただければ良いと思います

ちなみに
今私が使っているのは
ヒトプラセンタジェル(まとめ買いして余っているから)
ワセリン
です



・ダーマ治療で一番大事なのは肌本来の自己治癒力

ダーマ治療は肌を傷つけて
傷が修復する肌本来の修復能力で肌がキレイになる方法です

肌がキレイになるのは
化粧品の力ではなく
肌の「自己治癒力」です

色んな美容液を使うのが合っている人もいるかもしれませんが
その美容液が肌に合っていない場合
それが肌のダメージになり
一番重要な肌が自分で傷を修復する能力を弱らせることに繋がってしまい
逆効果の場合があります

私自身も
ダーマ治療をはじめて
色んなスキンケア製品を試しましたが
肌に合わないものを使ってしまったとき
ニキビが出来たり、肌荒れを起こしたり、乾燥したり
肌質が悪くなった経験があります

特にダーマ治療時は肌が敏感になっているので
合っていないモノの悪影響も大きく出ると思います

スキンケア製品なんてものは何を使っても
大して良い効果なんて出ないのに
悪い影響が出る時は思いっきり悪影響を及ぼします

そんなことなら無駄なスキンケア製品は使わず
ワセリンのみの超シンプルケアにした方が
安全安心で肌本来の自己治癒力を100%発揮できると思います

その方が確実に肌をキレイにしていけると
私の経験上では思っています

私はもともと肌が弱く
色んなスキンケア製品が合わず
肌断食をしていた時期があります
→肌断食体験談

私と同じように肌が弱い人は
スキンケア用品で肌の力を弱め過ぎないように
注意してセルフダーマ治療を行うことをオススメします



最後に
YouTubeでクリニックの医師が
セルフダーマペンについて解説している動画があるので貼っておきます
最近見つけた動画なのですが
私の経験からもとても共感できた内容でしたので
参考になると思います




ワンピースオブロックの取扱店舗の紹介

人気沸騰中のワンピースオブロック製品

滋賀にある
唯一の直営店の「フォーティーナイナーズ」
が注目されがちで
他では買えないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが

少なからず各地に取扱店があります

ワンピースオブロック製品はほとんど卸をやっていません
そんなワンピースオブロックのディーラーとなったショップたちは
いわばコナーズソーイングファクトリーの小中さんに認められた存在とも言えるでしょう

事実、取扱店の方々は、日本の中でもヴィンテージデニムへの知識、知見、情熱がトップクラスの人であり
小中さんが手掛ける作品の元ネタとなるデニムアイテムを提供したり、ヴィンテージの知識を勉強し合う仲です

それが
以下のお店です

大阪 ジュークボックス
群馬 ニートスタイル
福岡 ツーフェイス
熊本 ツーフェイス
富山 フォアモースト
新潟 シュガーバレー

今回は簡単にこの取扱店について紹介します
販売方法などはそれぞれその時々によりますので
興味のある方は頻繁にチェックすることをお勧めします



ただ単なる取扱店ではなく
それぞれのショップとのコラボモデルも多数あり
簡単にまとめた記事を作っていますので是非ご覧ください
→ワンピースオブロックモデル一覧表
ワンピースオブロックについての記事
ワンピースオブロックの魅力
ワンピースオブロックの購入方法
ワンピースオブロック大戦モデルの背景解説
ワンピースオブロック モデル一覧
ワンピースオブロックの取扱店舗の紹介

大阪
ジュークボックス
大阪府堺市東区白鷺町1-20-16 中村ビル101

ヴィンテージ古着のお店です
小さいお店ですが
ヴィンテージデニムの在庫数は他に無いほどですし
あり得ないほどのヴィンテージデニムが集められた空間です
当然オーナーの角井氏の知識は屈指のものです
デニムのリペアも行っています
→ブログ
→AIIRODENIMWORKSさんの紹介記事

群馬
ニートスタイル
群馬県前橋市文京町1-32-19

ヴィンテージ古着を扱っていますが
新品の国内アメカジブランドアイテムも扱っているお店です

厳選された新品のセレクト商品はもちろん
古着はリメイクやリサイズされたものは扱わない
といったこだわりのお店です
→公式通販




福岡 熊本
ツーフェイス
福岡県福岡市中央区大名1丁目13-21-4F
熊本県熊本市東区保田窪4丁目14−105

古着とセレクト商品
さらにオリジナル企画の商品も扱う面白味のあることで評判のお店です
コナーズソーイングファクトリーとのオリジナルコラボ商品も多いです

ショップオリジナルブランドの「CHOOSE ME」のTシャツは
フォーティーナイナーズへオリジナルデザインのものを提供していたりもしています

→通販サイト





富山
フォアモースト
富山県富山市中央通り1丁目3−13

アメリカ古着を扱うお店
お店も広く、品数が豊富
→通販サイト


新潟
シュガーバレー
新潟県長岡市城内町2-6-29

バイカースタイル色強めのウエスタンリバーの姉妹店
ウエスタンリバーよりもカジュアルな雰囲気
主に国内アメカジ系ブランドを取り扱うセレクトショップ
→ブログ



ワンピースオブロックについての記事
ワンピースオブロックの魅力
ワンピースオブロックの購入方法
ワンピースオブロック大戦モデルの背景解説
ワンピースオブロック モデル一覧
ワンピースオブロックの取扱店舗の紹介

肌断食をガチで5年続けた感想 やり方や効果について

私は肌断食を5年間続けました
肌断食にも色々ありますが
私が行っていた肌断食は
シャンプーや石鹸、化粧水、保湿剤など
肌に一切全く何も使わない肌断食です
今回はその体験談を書きます
肌断食を検討している方の参考になればと思います

目次
・肌断食をはじめたきっかけ
・肌断食をはじめてからの副作用
・肌断食をはじめて2年でほぼニキビが治った
・ニキビが治った後はニキビ後が残る
・肌断食で改善できないクレーター
・一番簡単な肌断食
・肌断食は気持ちが良い
・肌断食をやめた理由
・肌断食の仕組み




・肌断食をはじめたきっかけ

肌断食をはじめたきっかけは
とにかく顔中のニキビが酷くて
顔がとにかく汚いことがコンプレックスだったからです

何年もニキビに悩まされていて
病的に酷くて
周りの人からも心配されるほどでした

TVで柳原可奈子が「ニキビはお肌の病気です!皮膚科に行こう!」
みたいなCMがやっていた時期でもあったので
それをネタにからかわれたりもしていて心を痛めていました

当然皮膚科に通っていましたが1年くらい通っても変化は無く
むしろ悪くなっていたり

当時頻繁にTVCMでやっていたプロアクティブも使いました

他にも薬局で売っているニキビを治す薬や
高額なニキビケア製品を数えきれないほど使いました

ですがどれも効果は無く
むしろ状態が悪化していくばっかりで
気がおかしくなりそうな中で
肌断食というものを知りました

肌断食の仕組みは簡単に言うと
肌に付ける色んな物が刺激になって
肌にダメージを与えているから
全て止めるべきというものです

私自身幼少期からアトピー体質で肌が弱く
今まで良かれと思って肌に使っていた全てがダメージになっていたのだと思い
ニキビを治すには肌断食しかないと確信し
肌断食をスタートしました




・肌断食をはじめてからの副作用

肌断食は慣れるまで大変と言われたり
一時的な副作用があると言われますが
私もそれはありました

乾燥した感覚があって
肌がつっぱったように感じたりもしました

カサついて皮がめくれたようになる部分もありましたが
それでも肌にはなにもつけず
私に残された方法は肌断食だけだと自分を鼓舞して乗り切りました

そんな状態も1ヶ月程度で終わりました

それ以降は特に異常を感じることは無く
生活の中で不便や支障も無くなりました




・肌断食をはじめて2年でほぼニキビが治った

約1ヶ月の副作用期間を終えて
それから少しずつ肌の状態は改善していきました

少しずつといっても
本当に少しずつで
顔からニキビが無くなったのが2年後です
完璧にニキビが無くなった訳ではないのですが
ニキビはあまり気にならない程度にまでなりました

効果を実感しはじめたのが半年くらい経過した頃で
顔中赤いブツブツだったのが
赤みがマシになってきたように感じました

本当にゆっくりのペースですが
それまで何年も治らなかったニキビが
やっと良くなってきていることを確信して結果5年も続けることになったのです




・ニキビが治った後はニキビ後が残る

何年も治らなかったニキビは
肌断食によって治ったのですが
その後に残ったのが「ニキビ跡」でした

「色素沈着」「クレーター」と言われるニキビ跡が残りましたが
色素沈着は2〜3、4年目でかなり改善されました

赤みのある色素沈着がいっぱいだった時は
クレーターより色素沈着が気になっていたのですが

ほとんど色素沈着が改善されて目立たなくなった頃
次はクレーターだらけの肌に悩むことになります




・肌断食で改善できないクレーター

約3年かけてニキビと色素沈着はほとんど改善されました
肌断食以前と比べると明らかに改善されました

3年でかなり良くなり
3〜4年で徐々にさらに良くなった感覚です

ですがその後の4〜5年はほとんど変化は無く
先述のニキビ跡クレーターに一切の変化はありませんでした

調べれば分かりますが
陥没したクレーターは放っておいても治ることはありません

肌断食でニキビとニキビ跡色素沈着は改善しましたが
このクレーターだけは一切効果がないことを身を持って実感することとなりました




・一番簡単な肌断食

肌断食にも色んな肌断食があります
ワセリンを使ったり
洗顔で石鹸を使ったり
中には洗顔で石鹸を使って化粧水を使った後にワセリンを使って肌断食だと言っている人もいるくらいですが

私が5年間続けた肌断食は
一切何も使いません

シャンプー、ボディソープ、石鹸、洗顔料、化粧水、美容液、保湿剤、日焼け止め
何も使いません

余談になりますが、この頃から歯磨き粉も使うことをやめました

つまり自分の体には
水以外のものを付けないということです

お風呂では
髪は湯シャンですし
お風呂上がりもタオルで体を拭いて終わりです

この肌断食って何も要らないので
実質一番簡単なスキンケア方法です

慣れるまでは違和感がありますが
慣れると以前より圧倒的な時短になりますし
なによりお金が一切かかりません

今まで色んなスキンケアをやってきた私ですが
この肌断食が一番自分に合っていると思っています




・肌断食は気持ちが良い

肌に一切何も使わない肌断食をやって感じたことなのですが
とても快適です

例えば
肌にクリームや美容液とか
色々塗っている状態だと
外で汗をかいたり、汚れ仕事などで
肌が泥やホコリで汚れたりすることが
とても不快に感じてしまいます

色々塗っている肌を
スキンケアグッズを持っていない時に
家の外で洗い流すのも嫌ですし
かといって、ホコリや泥で汚れた肌をそのままにして1日を過ごすのも気持ちが悪いのですが

肌断食に慣れていると
水やお湯のみで洗うことが最大の洗浄であり
保湿も行わないのが当たり前の生活なので
どんなシチュエーションでも汚れや肌に塗っているものの調子を気にしなくて良くなるので
汚れたら水道で洗えばリセットという感覚になれます

肌に色々塗る生活だと
家の外でやむなく顔を洗ったりしたら
塗っていた保湿剤やクリームが落ちて、不安な気持ちになってしまったりします

といったように
日常でもよりアクティブな生活がおくれる感覚になりますし

なにより肌になにもつけないという感覚が私は最高に気持ちが良く快適に感じます




・肌断食をやめた理由

肌断食が私に一番合っているスキンケアであるのは間違いないということを述べましたが
今現在私は肌断食をやっていません

その理由は
「肌断食を続けてもクレーターは治らないから」
です

ニキビを治すため肌断食をはじめたのですが
ニキビが治るとクレーターに悩むことになり
クレーターは肌断食で治らないことが分かり
肌断食をやめてクリニックでのクレーター治療をはじめました

ですがクリニックに通い続けるのが金銭的に苦しく
セルフダーマ治療をはじめることにしました
ダーマローラーの使い方
ダーマペンの使い方、体験談

自分の肌を傷つけるセルフダーマ治療をするにあたって
様々な美容成分を使用した方が良かったり
保湿や日焼け止めを行う必要を感じたので
今は様々なスキンケア製品を使っています

ですが
肌断食の快感は今でも忘れることができず
クレーターが治ればまた肌断食の生活に戻りたいと思っています




・肌断食の仕組み

肌断食がなぜ良いのかということですが

肌は本来
外の刺激から守る
「バリア機能」(皮脂や常在菌など)

ダメージを受けた時に修復する
「自己治癒力」

を持っています

肌断食は
スキンケア製品全般を肌に使うことが
「刺激」や「ダメージ」になるという考えです

スキンケア製品で肌の保湿やバリア機能を作るという考えがありますが
これは
スキンケア製品が肌のバリア機能の代役を担うことになり
肌に本来備わっているバリア機能が必要ないと判断され
一番大切な肌本来のバリア機能の能力が無くなってしまうということなのです

肌本来のバリア機能とは
自分オリジナル、唯一無二のものであり
自分だけのオーダーメイド品です
市販のスキンケア製品では到底代用できるようなものではありません

スキンケア製品の使用は肌への攻撃となり
肌を痛める行為です

肌の老化の加速
ニキビや肌トラブルの原因になります

そうして肌を痛め続けると
肌の「自己治癒力」能力も低下します

怪我やニキビなど
肌に異常事態が発生した時に
正常な状態に治す能力です

この能力まで低下すると
ニキビが出来ても治りません

怪我をしても治りません

そうして
スキンケア製品を使うことで
肌の状態は悪化してしまうので

スキンケア製品を使わず
肌本来の能力を取り戻すことで
健康な肌を取り戻し
トラブルレスな肌を手に入れよう
というのが肌断食です

スキンケア製品を使っている人が
使うのを止めると肌が乾燥する感覚があったりするのは
肌本来の能力が無くなっている証拠です

肌断食をはじめると
乾燥が気になったりする話が多いですが
それを我慢して
肌断食を続けることで
肌の本来の能力が回復してきて
何も必要ない肌になっていくという仕組みです

是非試してみてください



セルフダーマペンの使い方 針の長さの効果や頻度について2年使用者の経験から解説する

ここ数年、肌を綺麗にするためクリニックでの治療でダーマペン人気が高まっています

実はこのダーマペン、セルフでも行うことが可能で
家庭用家電製品のようなダーマペンが売られています

今回はそんなセルフでできるダーマ治療を2年続けた私の経験をベースに
セルフダーマのやり方や注意点などを紹介します

初心者の方はもちろん
経験者の方にも何かしらの参考になればと思います

目次
・セルフダーマペンの種類は何を選ぶべきか
・針の刺す深さの設定を何mmにするべきか
・ダーマペン使用時に美容液は何を使うべきか
・ダーマペンの針数は何を選ぶべきか?
・ダーマペンの使い方
・どのくらいの頻度でやるべきか
・麻酔は必要か?
・ダウンタイムは何日くらい
・ダウンタイムの過ごし方
・最後に




・セルフダーマペンの種類は何を選ぶべきか

ダーマペンはいろんな種類が売られています
ネット通販で販売されています

どれを選ぶか悩むかもしれませんが
結論 どれでも良いです

私自身もそれぞれの細かな違いを調べ
何種類も購入して実際に使用して試しましたが
どれも大して変わりませんので

一応簡単に種類の説明をしておきます

主に2種類のブランドがあります
・MYM(マイエム)
・Dr.pen(ドクターペン)
の2つです


MYMにも種類がありますし
Dr.penも種類があります
のでややこしいですが

MYMは
売っている数も多く
使っている人の数も多いです
針の刺す深さが
MAX2mmのものと
MAX2.5mmのものがあります

Dr.penは
MYMより値段が高い傾向にあります
針の深さが
MAX3mmのモデルがあるのが1番の特徴です

それぞれのモデルでMAXの針を刺す深さの設定値が違いますが
私の経験上
顔に2mm以上深いものを使用しても効果に違いはなく
あまり意味が無いと思います
後の針の設定についての項目で説明しますが
深く刺せば深く刺すほど良いという訳では無いので
MAX2mmのものでも十分です




・針の刺す深さの設定を何mmにするべきか

針の刺す深さについての情報は様々な情報がありますが
様々な方法を試した私の意見としては

頬 1~1.5mm
頬以外 0.5mm以下

です

これ以上の深さを行うのはやめたほうがいいでしょう

深いクレーターに悩んでいる人は特に深く刺すことにこだわりがちだと思います
私もブラマヨ吉田のようなクレーター肌がコンプレックスでダーマ治療をしているのですが
2mm以上を使っても
出血や痛みが強く、ダウンタイムが長いだけで
1mm程度と比べて、一番肝心な効果を感じたことがありません
逆に
色素沈着っぽく感じたり
肌色が悪く暗くなったように感じたりしたこともありましたので
そもそも顔に2mm以上の針を刺すことは向いていないのだと思います

3mm失敗談
深ければ効果が高いわけでは無い

それに2mm以上の設定にすると
肌の上で滑らせてダーマペンを使うことができなくなってしまうと思いますし
施術時間が長くめんどくさいと思います

肌の上で滑らせることができる設定で無理なくできるのが顔には適しているでしょう




・ダーマペン使用時に美容液は何を使うべきか

ダーマペン使用時は
肌に穴が開くので
美容液などが通常時よりも浸透して効果が高まるとも言われています

私も今まで様々な美容グッズを使いましたが

2年間散々と色々使った結果
どれも効果の違いは分かりませんでした

今使っているのは
・ヒアルロン酸原液
・ヒトプラセンタジェル
・ワセリン
この3つです

ヒアルロン酸は
ダーマペンを顔の上で動かす時の潤滑剤の役割もあって
様々なクリニックで使用しているのを真似して私も使っています
アマゾン等で売っている安いものです

ヒトプラセンタジェルは
ダーマペン後に使うのはもちろんですが
普段のスキンケアでも日常的に使っています

ワセリンは
最後に肌の保護のために使っています

ヒトプラセンタジェルの代わりに
高価なダーマヒールを使ったこともありますし
ヒアルロン酸や美容液的なものを何も使わず
ワセリンだけのときもありましたが
特にどの方法でも私には違いは感じませんでした
特にダーマヒールとヒトプラセンタジェルの違いは全く感じることができなかったので
安いヒトプラセンタジェルを使っています

ワセリンは必須品です
私はワセリンがスキンケアで最も信頼しているスキンケア用品で愛用しています
要は油ですが
ホホバオイルやココナッツオイル、ヒマシ油、ティーツリーオイル、ニベア、オロナイン等
優しいオイル系アイテムは色々試しましたが
ワセリン使用時が一番肌の状態が良くトラブルも少なく
安心して使っています

美容液などは
人によって合う合わないが大きいと思うので
信頼できる自分に合うものを選ぶのが一番だと思いますが
私が使っている
ヒアルロン酸
ヒトプラセンタジェル
ワセリン
の3つは結構誰でも問題なく使えるのではないかと思うので
何を使おうか迷っている場合は一度試してみてください




・ダーマペンの針数は何を選ぶべきか?

ダーマペンの針は使い捨てカートリッジ式で
針数の違うカートリッジが何種類も売られています

新品購入時にセットで付いているカートリッジは
12針のものがついています

私の結論としては
最初セットで付いている12針が最も良いと思っています

36や42といった針数のものがありますが
実際に使った感想としては
針がちゃんと刺さっていないような気がする感覚があって
効果もイマイチな感覚があったからです
理由はうまく言えないのですが2年間色々試した感覚値の話です

12針の方が針が鋭利で
ちゃんと作られているように感じますし

クリニックのダーマペンで使用されているものもそのくらいの針数のもので
明確な理屈があって12針を選んでいるわけではないですが
12針を選んでいます

針が多い方が穴をいっぱい開けれて効果が高そうと
私も思っていたのですが

ダーマペン自体が高速で動いてくれているので
しっかりと肌の上を動かせてあげれは大して差は無いと思っています




・ダーマペンの使い方

ダーマペンを肌に垂直に押し当てて
ゆっくり滑らせて動かします

様々なクリニックの施術動画を見ていますが
クリニックによってもダーマペンの動かし方は様々なので
やりやすい方法でやってもらえれば良いと思います

大事なのはダーマペンで肌に小さい穴を開けることなので

参考までに
クリニックでの施術動画を貼っておくので
やりやすい方法を真似してください







・どのくらいの頻度でやるべきか

ダーマペンをどの程度の頻度で行うか
ネット上での意見も様々で
クリニックでさえも頻度については様々で
2週間間隔を推奨しているところから
1ヶ月間隔を空けることを推奨しているところもあります

ブログやユーチューブでは1週間でやっている人も多いです

私も色々試しましたが

結論としては

「2週間に1回の頻度」

です

過去記事で詳しく説明もしているので読んでください
→ダーマペン頻度2週間ごとの理由

なるべく高頻度でしたいと私自身思っているのですが
1週間ごとにしていて
あまり調子良く感じないことがあり
2週間ごとに変えています

人によっては毎週でも問題ない場合もあるかもしれませんが

やはり私は普通より肌が弱いのか
無理をしたりハードなことをするのがトラブルの原因になる方の人っぽいので
焦らず、かつ高頻度の2週間ごとにしています




・麻酔は必要か?

クリニックでは麻酔クリームの使用をしています

ですが
結論としては
麻酔クリームは必要ありません

顔に2mm以上の深さを刺す場合は
人によっては耐えれないかもしれませんが

1mm程度までなら
ほとんどの方は必要ないと思います

針を刺すので
当然痛いのですが
我慢できます
我慢できる程度の痛さですので
頑張って一度やってみてください

最初は痛くて涙が出るかもしれませんが

人間は慣れます
2回目は余裕になっているでしょう




・ダウンタイムは何日くらい

顔中に針を刺すので
ダウンタイムがあります

大体1週間程度はダウンタイムが続くでしょう

これは個人差があるので
一概に言いにくいですが

3日程度は赤みが続いて
赤みが引いた後もカサついた感じになったり
皮がポロポロとめくれてきたりします

とくに皮がめくれてきた場合は
かなり汚く見えるので気を付けましょう

針の深さを短くしていくにつれて
ダウンタイムで皮がめくれる症状が出にくくなるので
皮めくれが嫌な場合は
自分にベストな針の深さを見つけましょう




・ダウンタイムの過ごし方

ダウンタイムは肌が敏感になっているタイミングだと言われています

この間に日焼けをしてしまうと
シミになってしまう危険性が高いみたいで
日焼け止めを塗ることが必須のようです

ほかに私の場合
ダウンタイムにニキビができやすいと感じています
もともとニキビができやすいのですが
ダーマペンのダウンタイムはより出来やすいと感じています

一度ニキビが治療発生するトラブルがあって
悲惨な目に合ったこともあります

そんな感じでダウンタイムは
特に敏感でデリケートな状態であるため
肌に刺激のあることは控えて
刺激的な化粧品なども使わない方が良いと思います

それで痛い目に合った私からのアドバイスでした




・最後に

以上私の体験を元にした解説でした

最後にお伝えしたいことがあります
それは

「すぐに肌が綺麗になる魔法のようなものは無い」

ということです

世の中には多くのデタラメな情報が溢れていて
その代表として
「この美容液を使うと肌が綺麗になる」
といったものや
「クリニックのこの施術を受けると肌が綺麗になる」
というものです

はっきり言って全部嘘と思った方が良いでしょう

嘘ではないのかもしれませんが
そういう情報って
これをすれば一瞬にして理想の状態に変化出来る
と思わせるような宣伝の仕方だったりして
実際はそんなことは無く
美容液ごときで肌の悩みが消えることはないですし

クリニックでの治療は
高額な料金を長期間通い続けて
やっとのことで効果があるようなものです

肌の悩みの改善は時間がかかります
毛穴やクレーターの改善は特に時間がかかります

私もクレーター治療をはじめた最初は
クリニックに通っていましたが
高額な料金を払い続けることが苦しくてセルフダーマ治療へシフトしました

セルフダーマを初めて2年ですが
ほんの少しずつ良くなっていますが
まだまだ普通の人よりは
毛穴とクレーターで凸凹の汚肌です

クリニックのビフォーアフターの写真などをみてください
凸凹のクレーター肌が良くなるまでかなりの期間がかかっています
しかも完全に平らな肌まで改善した症例はなかなか無いと思います

それだけ時間がかかり
治すのが難しいのです

数回セルフダーマペンをした程度で
凸凹の肌が真っ平になると考えているのならそれは幻想です

過剰な期待はせず地道に進んでいきましょう



セルフダーマペンの針の長さのベストは1mm

セルフでダーマペンの治療を行う場合
針の長さ、深さの設定で悩むことがあるでしょう

特に顔の肌の改善でダーマペンを使う方が多いと思うのですが
この記事は顔に使うことについて書いていきます

私自身2年ほど顔にセルフダーマ治療を行なっており
結構な期間をかけて
様々な針の深さを試してきました

それで私が思う最も最適なダーマペンの針の設定は

1mmです




前回の記事でも書いたのですが
→ドクターペン3mmは使わない方が良い

2mm以上の設定は顔には使わない方が良いと感じています

2mm以上でダーマペンをすると
多くの人は結構な出血や痛みがあります

私自身も2〜3mmでやり続けた期間もありますし
1ミリメートル程度でやり続けた期間もありますが

針を深く刺したから効果が高いと感じたことは
一切ありません

逆に1mmほどでダーマペンした方が肌が綺麗になっている気もしますし

2mm以上の結構な出血を伴う場合は
色素沈着っぽくなって肌色が悪くなったり
ダウンタイムが長く感じたり
デメリットが大きく感じたりと
逆効果だと感じることが多いです

クリニックでの説明でも
顔の頬は0.5~1mm
深いクレーターを改善目的の場合でも1.5mm
と説明があるのを見たことがあります

顔のおでこや鼻など他の部位はさらに浅い設定でするべきだとも思いますし
それぞれの部位に適した設定で、闇雲に深く刺すべきではないというのが
2年間セルフダーマを続けて感じていることです

あくまで私個人の感覚での意見なので
今後考えが変わる場合もあるかもしれませんが
これまで続けてきた経験から感じる結論が今回の内容です




また
追加して伝えたいこととして
ネット上には
1回や2回やった程度で肌がかなり綺麗になった
というような情報もありますが
そんなことは期待しない方が良いです

1.2回で凄い効果を感じる人のほとんどは
元々肌が綺麗な人でしょう
誰が見ても汚いと感じるような状態の汚肌からの改善は
年単位での継続をして
やっと少しの効果が感じれる程度のものです

私もクレーターや毛穴などかなりの酷い汚肌状態から
改善のためにセルフダーマをスタートしましたが
2年続けた今でも
明らかにクレーターはわかるようにありますし
毛穴も目立ちます

ですが2年前と比べると
クレーターは浅くなり状態はほんの少し良くなっています

それだけクレーターや毛穴の改善は時間を必要とするのです
そんなに即効性のあるものはこの世にありません